東京 : Coutume (クチューム)

PARTNER |  2016.01.07

パリで「一番美味しいコーヒーが飲めるカフェ」と話題のCoutume。その東京・青山店ではKRONOSとPLACEMATを使ってこだわりのシングルオリジンコーヒーやフードが提供されています。




店内は白やグレー、木の素材をインテリアに取り入れ、洗練されていながらも落ち着く雰囲気。この空間に合うアイテムとしてKRONOSとPLACEMATが選ばれました。スタッフの方には、KRONOSのぽってりとした持ちやすいフォームや、PLACE MATの温もりを感じるシンプルなデザインも気に入っていただいています。



Coutumeでは旨味・酸味・香りが感じられるシングルオリジンコーヒーを味わうことができます。コーヒー豆は土作りからこだわる「最高の農園」と直接取引きをして仕入れ、熟練のロースト製法で焙煎。豆からカップまでの連鎖を尊重し、抽出はバリスタが豆の個性に合わせて丁寧に行います。気になる豆の種類や飲み方に応じてスタッフがお勧めを教えてくれるので、コーヒーをより一層楽しむことができます。

今回スタッフに勧めていただいたのは、日本ではまだ珍しい「スチームパンク」という抽出マシンで淹れるコーヒー。KRONOSで提供されます。抽出の原理はサイフォンと同じで、Coutumeでは90度のお湯で短時間で抽出します。金属フィルターを使うので豆の油分が抽出され、コーヒーの味わいはマイルド。この日の豆は、アフリカのブルンジでCoutumeが現地の生産者と共に作り上げてきたMpanga LAVEでした。カカオの香りと青マンゴーやパッションフルーツのような味わいがほどよく調和し、ゆっくりと流れる贅沢な時間を感じる一杯でした。

KRONOSは二重構造の耐熱ガラス製なので、90度で抽出したコーヒーを直接カップにいれても大丈夫。持っても熱くありません。スチームパンクをはじめ、KRONOSは温かい飲み物の提供に適しています。また、カップの口が広いためコーヒーの香りを感じやすく、冷ましながら甘さが増していくスチームパンクなどを美味しくいただけます。




KRONOSはドリンクだけでなくデザートカップとしても活躍します。上の写真は柑橘系のフルーツを使ったジュレ シトロン・アグリューム。層になった鮮やかな色合いと奥行きのある味わいを引き立てます。

コーヒーや焼き菓子はPLACE MATにのせて提供されます。縁に小さな傾斜が付いているため指をかけやすく、お家でも業務用としても便利なアイテムです。


160107_10


コーヒーもフードメニューも充実していて、何度も通いたくなるカフェです。現在、国内では東京・青山、二子玉川、大阪・梅田に店舗があり、友人とゆっくりと過ごすのにも、一人で寄って一息つくのにもおすすめです。お店の最新情報はfacebookページでご覧ください。


[Product Info]
KRONOS, PLACE MAT

[SHOP INFO]
Coutume Japan official homepage
Coutume facebookpage
CONNECT
NEWSLETTER