20160202102258.jpg

永遠のベーシックを考えた新シリーズHIBI

テーブルウェアの企画開発を手がける株式会社キントーは、“永遠のベーシック”をテーマとした新シリーズ 「HIBI (ヒビ)」のタンブラーを全国のお取扱店、キントーオンラインショップにて2016年2月上旬より順次発売いたします。

100年経ってもきっと暮らしの中心にある……そんな定番シリーズを考えました。気づけばいつでも手に取り、毎日の食卓にのぼる馴染みのデザインには、触れてこそわかる心地よさがあります。手で握ったときの安心感や口当たりのよさなど、機能を追究した結果、余分な装飾はそぎ落とされ、五感の満たされるデザインが生まれました。「日々の定番としてあり続けるように」という願いをHIBIという名に込めて、これからも使い心地と佇まいの調和を大切にものづくりに携わっていきます。

20160202101742.jpg 20160202101801.jpg 20160202101821.jpg 20160202101835.jpg 20160202101905.jpg

BRAND MESSAGE

日々のはじまり
日々を過ごす
日々を重ねる
日々使い
日々楽しむ ....

日々の暮らしを想い
いつでも使い手であることを忘れない。

“触れるとき” “使うとき” の心地よさが
やがて愛着へとつながる。

そんな思いを込めた魅せるためではない
日常的に使うためのテーブルウェアHIBI。

“10年先の自分にもしっくりとくるもの”
そんな目線で選んでください。

20160202102141.jpg

DESIGNER COMMENT

このデザインは「普遍性」というテーマから始まりました。日々繰り返される日常の中に入り込み、長くそこに「在り続けていく」ことで生まれる価値を意識しました。 イメージソースとなったものは、中世ヨーロッパで使われていた「金属のゴブレット」。手でしっかりと握る感じのものを思い浮かべました。印象としては、カジュアルな佇まいでありながら同時にエレガントさもあわせもつというのが特徴です。指先にフィットする柔らかなラインは、持った時の心地良さを感じさせます。KINTO のブランドとしての独自性とのバランスや、実際に使うシーンを想定した時の日常と非日常の境界など、細かなさじ加減を考えることで辿り着いたデザインです。モノと人が一体となる感覚は心地よく官能性さえも感じさせます。見るだけではなくぜひ手にとって、確かめてください。

———
安積伸 - Shin Azumi -
京都市立芸術大学卒業。㈱ NEC デザインセンター勤務を経て、1994年 RCA(英国王立美術大学)修士課程修了。95年から10年間デザインユニット「AZUMI」として活動後、 05年に個人事務所「a studio」を設立。 FX 国際インテリアデザイン賞「プロダクトオブザイヤー」他、100% ブループリントデザイン賞、グッドデザイン賞など国内外で多数の賞を受賞し、審査員としてもドイツ iF デザイン賞などに参加。

20160202102203.jpg 20160202102219.jpg 20160202102232.jpg

PRODUCT INFORMATION

ベーシックでありながら使い続けるほどに愛着が湧く普遍的なデザインを目指しました。日常使いを考慮した適度な厚みと安定感のあるフォルム、ボトムのくびれは自然と指がフィットし、心地よいグリップ感をもたらします。どんなドリンクとも相性が良いクリアと、コーディネートにプラスしたい、落ち着きあるスモーキーカラーの5色。重ねて省スペースに収納できます。

HIBI タンブラー 220ml
クリア / ブルー / グリーン / ブラウン / パープル
¥900(税抜) φ80 x H80 mm / 220 ml

HIBI タンブラー 350ml
クリア / ブルー / グリーン / ブラウン / パープル
¥1,100(税抜) φ85 x H115 mm / 350 ml

ソーダガラス / 食洗機使用可 / タイ製

———

[ Download ]
プレスリリース(PDF)