20160804201142.jpg

美味しいをシェアする スモールギャザリング KAKOMI を新発売

テーブルウェアの企画開発を手がける株式会社キントーは、テーブルを囲んで "美味しいをシェアする" をテーマとした土鍋シリーズ「KAKOMI(カコミ)」を全国のお取扱店、キントーオンラインショップにて2016年8月下旬より順次発売いたします。

食卓で鍋を囲みながら調理をする。それが、KAKOMI の土鍋です。IH 対応の土鍋と直火専 用の炊飯土鍋は、テーブルにそのまま出しても美しい、シンプルで使い心地のよいデザイン。 一般的な土鍋と比較すると、吸水率が極めて低く料理の匂いが鍋に移りにくいため、日々の調理道具として活躍します。

20160804201415.jpg

BRAND MESSAGE

KAKOMI,
an occasion to gather around

丹精を込めてつくられた生命力溢れる食材。
季節を感じながらいただく料理。
テーブルを囲み語らう至福の時間。

日本に古くからある土鍋には人を呼びよせる力があります。
美味しいをシェアするスモールギャザリングをはじめよう。

www.kinto.co.jp/KAKOMI [coming soon]

20160804201600.jpg

IH土鍋 商品特徴

身近な人と大切な時間をつくるスモールギャザリング

鍋料理は、日本に古くから伝わる秋冬の風物詩。食卓で囲んで調理しながら食べるこのスタイルは、みんなで作る楽しさがあり、一層美味しい食事となるのです。私たちは、そんなコンフォートフードである鍋料理を春夏秋冬愉しめるよう、かこみ鍋の浅めの形状をそのままに、多様な食生活に適したシンプルな佇まいと使い心地を追求しました。

テーブルでもキッチンでも、一年中快適で多才な鍋

KAKOMIは、耐熱温度差500度をクリアした高耐熱素材。ガスレンジでの直火調理はもちろん、IH調理器、ハロゲンヒーター、ラジエントヒーター、電子レンジ、オーブンで使えるマルチ対応の土鍋です。周辺が暑くならないIH調理器を使えば、季節を問わず快適な空間の中で鍋料理が愉しめます。

20160804201815.jpg 20160804202026.jpg

テクノロジーに支えられた高品質な素材と構造

KAKOMIは、一般的な土鍋と比較すると吸水率が極めて低いため、料理の匂いが鍋に移りにくく、いつまでも清潔に使うことができます。鍋の底面に焼きつけた発熱体は、IH調理器対応の証。銀膜にガラスコートを施した多層構造で、加熱ムラを減らし、異常過熱を防ぎます。

KAKOMI でできる3つの調理 蒸す、炊く、煮る

寄せ鍋に限らず、蒸し野菜、炊き込みご飯、スープなどの煮込み料理も愉しめます。蒸し料理は鍋本体に水を入れて付属のすのこをセットし、火にかけるだけの手軽さ。旨味や栄養素をしっかり閉じ込め、油分を落としてくれるのでヘルシーに仕上がります。

20160804202628.jpg

炊飯土鍋 商品特徴

いつものごはんをご馳走に仕上げるスモールギャザリング

私たちにとって白いごはんは食の基本。時には土鍋で炊いた、できたてのごはんを食卓で振る舞う。蓋をあけると立ちのぼる湯気は、皆の笑顔がこぼれる瞬間。そんな日常にある贅沢なひと時を愉しんでほしいと思い、テーブルに並んだうつわとも調和する、シンプルで使い心地のよいデザインに仕上げました。さらに土鍋ならではの蓄熱 効果は、テーブルでできたての温かさを保ちます。

美味しさの秘決 炊飯土鍋の構造

本体の丸みのある形状により、内部でお米の対流が起こるため米ひと粒ひと粒がムラなく炊き上がります。さらに、ふっく らと炊きあがるごはんの秘訣は、内蓋と外蓋の二重構造。しっかりと圧力がかかり、吹きこぼれを防いでくれます。

土鍋ごはんの美味しさを支える高品質な素材

KAKOMIは、耐熱温度差500度をクリアした高耐熱素材。遠赤外線効果によって芯までやわらかく火を通すので、ごはんをふっくらと炊き上げることができます。また一般的な土鍋と比較すると吸水率が極めて低いため、料理の匂いが鍋移りにくく、いつまでも清潔に使うことができます。

20160804202747.jpg 20160804202503.jpg

DESIGNER COMMENT

現代の日本の食卓では、世界中の食文化がミックスされているので、どんな食材にも、どんなメニューにも合わせられる土鍋があったらいいなと考えました。炉端をイメージするような伝統的な土鍋ではなく、毎日の生活に使いやすい「土からできた鍋」として考えてみま した。
炊飯土鍋は、まるい鍋の蓋をフラットにすることで、やわらかくなりすぎずモダンな印象になっています。土鍋は、台形のモチーフを取り入れて、機能や扱いやすさ を考えたカタチにしました。食卓にそのまま出すことも多いので、表面の釉薬は 和洋どちらにも合わせやすい質感と色になるよう、何度も試作をしてもらい調整しました。土鍋でごはんを炊いたりすることは大層なことに捉えられがちですが、もっと気軽に土鍋メニューを愉しめる手助けができたらいいなと思います。
冬に使うイメージが強い土鍋ですが、IHコンロを使うと驚くほど涼しく、夏の食卓でも土鍋メニューが楽しめます。四季折々の食材を、鍋を囲んでみんなでいただく。季節を限定して使うのではなく、毎日の食卓でもっと気軽に自由に楽しんで欲しいです。

———
柴田 文江 - Fumie Shibata -
エレクトロニクス商品から日用雑貨、医療機器、ホテルのトータルディレクショ ンまで、インダストリアルデザインを軸に幅広い領域で活動をしている。代表的な作品に、無印良品「体にフィットする ソファ」/オムロン「けんおんくん」/ カプセルホテル「9h ( ナインアワーズ )」 / JR 東日本ウォータービジネス「次世 代自販機」/庖丁「庖丁工房タダフサ」 /木のおもちゃ「buchi」などがある。 武蔵野美術大学教授。

———

PRODUCT INFORMATION

KAKOMI とんすい
¥1,000(税抜) W140 x D134 x H60 mm ホワイト / ブラック
KAKOMI IH土鍋 1.2L
¥7,500(税抜) φ210 x H120 x W260 mm / 1.2 L ※すのこ付 ホワイト / ブラック
KAKOMI IH土鍋 2.5L
¥13,000(税抜) φ260 x H145 x W315 mm / 2.5 L ホワイト / ブラック
KAKOMI 炊飯土鍋 2合
¥6,000(税抜) φ160 x H125 x W195 mm / 1.2 L ※メジャーカップ付 ホワイト / ブラック

———

[ Download ] プレスリリース(PDF)