20170718114645.jpg 20170718114708.jpg

LIGHT UP COFFEEは、吉祥寺を拠点とする自家焙煎のコーヒーショップ。農作物としてコーヒーを扱い、産地や作り手による素材の味を楽しむコーヒー文化を伝えています。2016年には、京都に2号店をオープン。KINTOのSLOW COFFEE STYLEコーヒーサーバー、CAST、OVA、BAUM NEUなどを扱っていただいています。今回は、京都店のマネージャー兼バリスタの 末 勇磨さんにお話を伺いました。

20170718115608.jpg 20170718115631.jpg

—京都に2号店をオープンしたのはなぜですか?

LIGHT UP COFFEEのコンセプトにもあるように、コーヒーを“素材”として知っていただききたいという想いがありました。京都には職人やお出汁文化が根付いているため、素材を人に伝えやすいのではないかと。京都はコーヒーの消費量が全国一位という点でも魅力的です。 お店は京都市内の繁華街から少し離れているため、お客さまには落ち着いてゆっくりと素材と向き合っていただけます。

—お店ではどのようなことを大事にしていますか?

自然と”素材"に注目してもらえるようなお店を目指しています。コーヒー以外の物でもそうです。内装は職人の手づくりものにこだわり、テーブルやカウンター、椅子は木組みで、入り口の扉の取手部分は真鍮製。天井のライトはエスプレッソ用のタンパーの形になっています。また、店内は様々な人が共有できる空間となっています。畳のスペースは学習塾として子供達が勉強していたり、コーヒーのイベントやロボット教室が開催されます。奥にはオンライン英会話教室として利用される部屋もあります。

—KINTO の商品を選んでいただいた理由やお気に入りのポイント、印象を教えてください。

デザインがシンプルかつ可愛らしいです。お店にはあまり無駄な物を置かないように意識していますが、その中でKINTOの商品は主張しすぎず、さりげなく存在感を出している。使い心地もよく、特にSLOW COFFEE STYLEコーヒーサーバーはサイズ感が良く注ぎいやすいので気に入っています。全体的にコーヒーが美味しそうに見えて、お客さまからもどこの商品か教えてほしいとよく聞かれます。

20170718115833.jpg 20170718115853.jpg

—京都における最近のコーヒーのトレンドなどありますか?

昨年頃から関西に新しいコーヒーショップが増えていて、それぞれ違った個性やコンセプトを持っています。京都では横のつながりが強く、共にコーヒー業界を盛り上げていこうという意識が強い。例えば、下鴨神社で京都を代表するコーヒーショップ数店が集まりコーヒーフェスティバルを開催しました。昔からの喫茶店文化によって深煎りを好む人がまだ多いですが、徐々に浅煎りならではの素材の味に気付く人が増えている印象です。

—LIGHT UP COFFEEの今後の取り組みについて教えて下さい。

コーヒーファンや業界関係者に限らず、今までコーヒーに関心がなかった人たちにコーヒーを飲むきっかけづくりをしたいと考えています。最近はチーズタルト専門店や紅茶専門店とのコラボセミナーを実施しました。コーヒー以外の分野との取り組みを通して、より多くの人にコーヒーを好きになってもらうきっかけづくりを継続していきたいです。

20170718120025.jpg 20170718120045.jpg

[Product Info]
この記事に掲載されている以下の商品はKINTOオンラインショップでもご購入いただけます。
SLOW COFFEE STYLE, CAST, OVA, BAUM NEU

[SHOP INFO]
LIGHT UP COFFEE lightupcoffee.com