エルゴノミクスに基づいた「使いやすさ」をきわめたデザイン

RIDGE / KRONOS

「使い手にとって誠実なデザインとは?」ーRIDGEとKRONOSは、ここからスタートしました。その答えを導いたのは「エルゴノミクス(人間工学)」。人間の体の動きや心理をふまえ、使い手のストレスをできる限り減らすデザイン工学です。ポットからカップへ「注ぐ」。ドリンクの入ったカップを「持つ」。RIDGEとKRONOSは、このふたつの動作に寄り添いました。力を入れず楽に扱えるため、握力や体力の少ない方にも喜ばれています。

PRODUCT STORY

人間工学を備えたティーウェア

エルゴノミクス(人間工学)では、体の動きをふまえてストレスの少ない形状を見いだします。RIDGEでは、「注ぐ」という動きをふまえて、ハンドルの支点が斜めにくるように大きく弧を描いたデザインに。ハンドルを軽く握って少し傾けるだけで、お茶を注ぐことができます。

山の稜線を思わせる美しいライン

RIDGEとは、山の稜線を意味します。その姿を想起させるのは、側面が稜線のようにせりだしている本体のデザイン。この傾斜は注ぎ口にまっすぐつながり、すっきりとしたアクセントとなっています。ポットとカップを並べると、山の尾根を美しいシルエットが浮かび上がり、ティータイムを清冽に印象づけます。

手にフィットするリングのデザイン

持ちやすさを大切にしたKRONOSのグラスやカップ。土星(KRONOS)の輪を思わせるリングに指を掛ければ、しっかりと持ちやすく、安心して扱うことができます。カップの内側のラインは、ドリンクを飲み干すのに最適の角度に。手にした人のしぐさを美しく見せ、かつ飲みやすさにも心を配ったデザインとなっています。

浮遊感を楽しむアイディア

耐熱ガラスの二重構造が、KRONOSの特徴。注いだものが宙に浮かんだように見えて、心が浮き立ちます。ホットやアイスのドリンクはもちろんのこと、スープやデザートを入れても魅力的。ワイングラスは香りがふわりとたちのぼるよう、シャンパングラスは細かい泡がたつようになど、機能性を伴ったデザインも特徴のひとつです。

PRODUCT LINEUP

手首の負担を軽減するポットやカップ

エルゴノミクスの観点から注ぎやすさを追究した、ティーポット。斜めにつけられたハンドルや、ポットを傾けても落ちにくい蓋など、使いやすさと見た目の美しさを大切にしたデザインが特徴です。また、持ちやすさを重視した、ティーバッグ専用のコンパクトなポットやマグなど、アイテムやカラーも充実しています。

RIDGE

ティーポット
3,200 yen~
ティーバッグポット
2,500 yen~
カップ&ソーサー
2,000 yen~
マグ
1,500 yen~

ドリンクの適正温度をキープするダブルウォールカップ

耐熱ガラス二重構造で、熱いスープやコーヒーはあつあつのまま、冷たいアイスティーやシャンパンはひんやりと味わえます。しかも表面に水滴がつきにくく、テーブルを濡らす心配もありません。リングに指をかければグラスはしっかり掌にフィットし、持ちやすさも抜群。用途に応じてサイズとフォルムをお選びいただけます。

KRONOS

エスプレットカップ
800 yen
コーヒーカップ
1,000 yen
アイスティーグラス
1,200 yen
ティーカップ
1,000 yen
ワイングラス
1,200 yen
シャンパングラス
1,200 yen
スープボウル
1,300 yen