Single O Japanのコーヒーワークショップへ

STAFF NOTE |  2018.08.31

東京・両国にコーヒーロースタリーを構えるシドニー発のSingle O Japan。代表の山本さんには、新商品発表会でお客様にコーヒーを淹れていただいたり、KINTO東京のオフィスで愛飲しているコーヒーの定期オーダーなど、日頃からお世話になっています。今回は、コーヒーをより愉しむための「カッピング」と「テイスティング」をKINTOスタッフが体験してきました。
画像
画像
画像
画像
カッピングとは、コーヒーの産地で生豆の出来を判断する大切な技術です。実際のコーヒーバイヤーと同じ方法で香りを確かめたり、すすってフレーバーを感じたり、豆の個性を見つけながら好みの豆を探ります。産地の違いによる豆の特徴や、同じ豆でもローストの時期による風味の違いなど、5種類の豆一つずつに新たな発見がありました。
画像
画像
画像
画像
次に、挽き目を変えた同種類の豆で抽出した3種類のコーヒーのテイスティング。引き目の粗いものはより早く抽出され、細かいものはより時間がかかり、コーヒーの味にも顕著な違いが出ました。カッピングも含め、スタッフそれぞれの好みがはっきりしていたことがとても興味深かったです。このワークショップを通して、コーヒーへの探求心がますます深まって行くのを実感しました。
[Shop Info] 
Single O Japan

PRODUCTS IN USE

  • OCT ブリューワー 4cups ホワイト

  • OCT コーヒージャグ 600ml

  • KRONOS ダブルウォール エスプレッソカップ

  • CAST ウォーターグラス 250ml

  • ALFRESCO タンブラー ブラック

CONNECT
NEWSLETTER