丁寧な手仕事と、ゆったりとしたコーヒーの時間を尊ぶ人へ。

SLOW COFFEE STYLE Specialtyスローコーヒースタイルスペシャルティ

SLOW COFFEE STYLE Specialtyは、KINTOと日本のクラフトマンとのコラボレーションから生まれたスペシャルなコーヒーウェアコレクションです。職人達の心意気と熱意が細部に宿った、あたたかみのある世界観。素材を選び抜き、丹念に手を入れ、伝統技術で精妙に仕上げる。こうして磨き上げられた個性は、使う人の手にしっくりと馴染んで、一杯のコーヒーから生まれる時間に奥行きを与えます。

コンセプト

プロダクトストーリー

クラフトマンとのコラボレーション

SLOW COFFEE STYLE Specialtyは、手仕事感を大切にするため、日本のクラフトマンと手を携えて、コレクションを展開しています。SCS-S01では、鹿児島で「ONE KILN」を立ち上げた陶芸家、城戸雄介さんとコラボレーション。地元の土を焼き、桜島の火山灰を釉薬に使う城戸さんの作風と、SCSの世界観が響き合い、どっしりとしてあたたかみのあるシリーズが生まれました。

手にしたときの心地よさ

自然の景色を思わせる釉薬の重なり、ビンテージ感のある真鍮の質感、無骨さのなかに宿るやわらかな手仕事のあと。手にしたとき、目にしたときの心地よさが、SLOW COFFEE STYLE Specialtyの魅力。この心地よさが時の流れをゆるやかにして、ささやかなコーヒーシーンを、リラックスできる上質の時間に変えていきます。

ラインナップ

アンティークを思わせる鉄彩ウェア

ONE KILNの城戸雄介さんと共に取り組んだS01シリーズは、手作業で石膏を削って原型と型を作り、何度も試作して生まれた理想のかたち。釉薬には鉄彩を使い、鉱物のような質感を与えました。安定感のあるフォルムには、どこかアンティークのビアジョッキを思わせる、どっしりとした雰囲気があります。

SCS-S01

ブリューワー
2,000 yen〜
マグ
1,300 yen〜

オンラインショップへ

ビンテージ感と機能性でこだわりの一杯を

ずっと昔からそこにあるように空間に馴染む、落ち着きのあるS02シリーズ。真鍮のスタンドはひとつずつブラストをかけ、ビンテージ感を加えています。可動式で、一人用のカップから背の高いピッチャーまで、さまざまなうつわに合わせて使うことができます。また、ドリップの一滴一滴をしっかり受け止める、口のすぼまったサーバー、匂い移りの少ないチタンコーディングのステンレスフィルターなど、機能面でも工夫を重ねました。

SCS-S02

ブリューワースタンドセット
15,000 yen
ブリューワースタンド
10,000 yen
コーヒーサーバー
1,200 yen

オンラインショップへ

自然の色合いを活かした、有機的なうつわ

陶芸家がろくろ挽きした手の跡を活かした有機的なライン、S03シリーズ。指をかけやすいハンドル、すっぽりと手におさまって掌をあたためるカップのフォルム。釉薬の色の重なりは、ひとつひとつ職人が釉がけするなかで自然と生まれるもので、同じものはひとつとしてありません。これこそが手仕事の豊かさ。カラフルながら落ち着きのあるその色合いは、使い込むほどに味わいを深めていきます。

SCS-S03

マグ
1,500 yen〜

オンラインショップへ

スペシャルサイト

special-site_banner_l_scss.jpg

関連ニュース